沼に落としたなんちゃらかんたら-ゼクス-

主にゼクス、MTGモダンで遊んでるカードゲームゆるふわ勢のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イヴィルベインニルカンタとイグニッションフェイズとリアンブレイバーに関するアレコレ

31510jfs495.png
「確かなインフレを感じる・・・」





前々回はリアンブレイバーを中心とした環境に関して書きましたが、今回はその補足も兼ねてイグニッションフェイズとIGゼクスに関することを自分のメモがてらに解りやすく書いていこうと思います。

先に前回の記事を見てもらえると今回の話もわかりやすいと思います。

そもそも何故、六弾環境から唐突にブレイバーデッキにリアンが採用されたのか、という点には前回の記事では触れていませんでした。

第四回綾瀬杯に現れた二種類のリアンブレイバーはピュアフロン不採用の赤黒エヴォルシードブレイバーを元にしたタイプ(その時結果を残された方に聞いたところやはり赤黒エヴォルシードベインブレイバーの派生であることが確認取れました)ととピュアフロン採用の赤白タッチ黒型の赤白ティリチリリエルブレイバーの派生タイプです。

どちらもエヴォルシードを利用したブレイバーデッキなのですが構築は大きく違います。

ですが、六弾環境最初期からそのどちらもがリアンの採用に踏み切った原因は間違いなくイヴィルベインニルカンタであることは共通すると思います。


まずイグニッションに求めている役割を考えます。
1、相手の5000バニラを倒す。
2、相手の大型ゼクスを倒すための戦闘補助確保。
3、相手のライフを取るためのコマ。
4、スクエアを埋める。
5、トラッシュに置きたいカードを掘る。

これは求めている役割の優先度順に書きました。

つまりは相手の5000バニラ(IGバニラ)を倒すゼクスを用意するためにIGするわけです。

でもヴォイドブリンガーはすべて2コストのゼクス。

パワー5000のIGバニラを倒すという一番重要な役割をほとんどのヴォイドブリンガーは担えないないのです。

でもニルカンタはその弱点を見事に克服しているんですよね。

ニルカンタは捲れたときは7500までを単体処理する、一体消し飛ばしてPSダイレクトアタックのコマになる・・・などなど捲れて腐るタイミングがほとんどありません。

現状、捲れた時に必ずIGバニラを叩けて腐らないヴォイドブリンガーはニルカンタとウェアモールのみです。
(※ウェアモールは2500、IGフェイズ登場時自身に4000パンプの実質6500打点。)


まとめますと、IGフェイズに捲れてほぼ腐らない初めてのヴォイドブリンガーを積めばさらに質の高いビートができるぞー!やったぜ!→白を積む理由が生まれる→ならリアンも問題なく入れられるね(終)

こんな感じで赤黒ESブレイバーに白が入っていったのではという考察。

うちのリアンブレイバーは深夜テンションで赤白ティリチリリエルブレイバー回してたら「このティリチミールってやつ捲れた時に場に出てきたら強そうじゃね?」というてきとーなノリで出来上がったのでリアン採用の高尚な理由はないです。

次はリアンブレイバーのプレイング考察書きます。

終わり。
スポンサーサイト

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/02/10(月) 07:23:23|
  2. ゼクス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リアンブレイバーのデッキレシピ、構築理念、簡単なプレイングの紹介 | ホーム | 第五回綾瀬杯(チーム戦の部)で準優勝でした>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teophyli.blog.fc2.com/tb.php/21-38b606dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。