沼に落としたなんちゃらかんたら-ゼクス-

主にゼクス、MTGモダンで遊んでるカードゲームゆるふわ勢のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゼクス初心者向け「色の特徴」

頼まれていたので今回から何回かに分けてゼクスの初心者向けの記事を書こうと思います。
まずはデッキの軸になる色を決めるために・・・

(注意)この記事は二弾環境の頃の話です。

大抵のTCGと同じくゼクスも5色の色に分かれています。
色の特色はマジックザギャザリングやデュエルマスターズと似通っている部分も多いので感覚はつかみやすいかと。

色は赤、青、白、黒、緑の5色です。
ゼクスを召喚するためにはそのゼクスと同色のリソースを一枚以上使わなければいけないというのが色の縛りです。
これもデュエマと同じですね。

それではそれぞれの特徴を書いていきます↓


赤の世界
赤の世界はクローン技術が発展した世界です。
この設定を使ってこれでもかと過去の偉人を種族【ブレイバー】としてカードにしてきます(歴女が釣れます)

特徴は能力によるバーンです。
「ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、X000ダメージを与える。」
というテキストが多いですね。

それともう一つはカードの向きに関する能力です。
ゼクスをスリープさせることをコストに能力を発動させたり、条件を満たしたりコストを支払うと自身や味方のゼクスをリブートさせるといった能力を持つカードが多いです。
まあこれに関しては他の色のカードも行いますが、赤は特に多いです。






青の世界
青の世界は高度な機械技術を制御しきれずそれに支配されかかってる世界です。
【バトルドレス】はまあがんばって【キラーマシーン】を駆逐しておいてください。

特徴はバウンス、ドロー加速、スクエア上の移動となっていてかなりトリッキーです。

「ノーマルスクエアにあるコストN以下のゼクスを1枚選び、手札に戻す。」
このゲームではバウンスが破壊より強い場面はいくらでもあります。
もちろんバウンスは破壊系能力よりコストや条件が緩いのでうまく使えると便利です。

「このカードが~~~した時、カードを1枚引く。」
なんとこのゲームの手札増強はさほど強くありません。
その理由などは別の記事にて。

「ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、そのゼクスがあるスクエアの隣のゼクスのないスクエアに置いてよい。」
わかりにくいアドを大量に生み出すことがある強力な能力なのです!
ゼクスでは隣にいるゼクスにしか基本的には攻撃できません。
つまり自分のターンに位置的に立ってるだけで攻撃に参加できないゼクスというのが出てきます。
盤面をうまくいじって攻撃回数を増やしたり、攻撃が終わったゼクスを自軍エリアに引き込んで守りを固めたりなど器用なことができます。



白の世界
他のTCGの例に漏れず【エンジェル】や【ガーディアン】などが高い秩序と法を築き上げています。

特徴はサイズアップ、サイズダウンです。
防御的な能力を持ったカードが多いのも特徴と言えるかも知れません。

「あなたのゼクスのパワーを+X000する。」
「相手のゼクスのパワーを-X000する。」
単純に数字的に強くて強力です。
そもそもがこのゲームではまだまだ能力を持たないバニラカードが強いです。
パワーは正義。
特に一弾環境ではテキスト持ちは甘えとまで言い切る人たちもいたくらいですからね。



黒の世界
例に漏れず【ディアボロス】【ノスフェラトゥ】といったやつらの色です。

特徴はゼクスの破壊、スーサイド、チャージ増強、トラッシュからのサルベージ、リアニメイト。

「ノーマルスクエアにあるコストN以下の相手のゼクスを1枚選び、破壊する。」
対象となるゼクスのコストを条件とした確定除去が一番の売りです。
ただ、低コスト帯のゼクスの除去は今のところ赤のバーンの方が優秀です。
このゲームにおける3コストバニラのパワーは5000なので、黒の3コスト以下を破壊するという能力は赤の5000のダメージを与えるという能力の実質的な下位互換となってます。
赤なら4コスト5000のゼクスも対処できますし、ファッティクリーチャーを倒すためのダメージソースとしても使えますからね。
4コストのイベント「月影葬送牙」からはギャザの「殺人」やデュエマの「デーモンハンド」が撃てるようになるので確定除去としては黒は全色トップとなります。

「あなたの~~~にあるカードをN枚まで選び、チャージに置く。」
チャージが増えればこのゲームの凶悪システム「イグニッション」の試行回数が増えるので最大値的には馬鹿にできない恐ろしさがあります。
それと黒にはチャージを破棄して能力を起動させるカードが多いのでコスト確保の意味合いも大きいです。



緑の世界
植物が世界を覆いつくそうとしている世界の色です。
おっぱいが大きいほど強いという特徴を持つ和風のイケメン&美女集団の【ホウライ】がメインとなっています。

特徴はリソース加速、リソースからの召喚、リソースのリブート。

「このカードが破壊された時、チャージに置くかわりにリソースにスリープで置く。」
強力な能力です。
特に序盤であれば相手よりも早いターンに大きいゼクスを召喚できるようになるので大きなテンポアドが取れます。
緑をデッキに採用する主な理由はこのリソース加速にあります。
現状では多くの重めのデッキに緑が混ぜられていますね。



まあだいたいこんなんです。
作るデッキの色決めの参考にしてっていうところだけど、ぶっちゃけイラスト気に入った色で組めば幸せになれるよ。
終わりっ!

第二回はこちら
スポンサーサイト

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/12/31(月) 20:42:30|
  2. ゼクス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゼクス初心者向け記事第2回「デッキを組むために必要な知識」 | ホーム | 【VG】自分が使ってるデッキをさらっと紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teophyli.blog.fc2.com/tb.php/6-0c1223f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。